読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちくわの穴

ちくわの穴に身を潜めながら特別語る相手もいない趣味についてやりたい放題したいブログ

ラムネ2が届きました

散財記録

さて、今日は月に一回のエロゲの日ですね。

 

日々、この過酷な穢土(三次元)を逞しく生き抜き、ケが枯れに枯れたエロゲーマーにとってのハレの日です。とは言っても、私は先立つ物が枯れ果てているので、売り上げに1ミリも貢献出来ない月がざらにあるのですが(汗。

 

しかし、今月に至っては、そんな乏しい懐を叩いてでも購入せねばならない物があります。そう、ラムネ2です。 

f:id:tikuwa_s:20170128002055j:plain

クロネコさんから届いたナナミーセット

昨年の秋頃でしょうか。天からの啓示(ラムネ)を授かって以来、唯一絶対の神(片岡とも氏)を崇め奉ることを運命付けられたその日から、中の人はねこねこソフト及びステージななの追っかけを自称している事についてはブログでも繰り返し書いてきました。しかし、未だに他のねこ作品を買えていないという不信心者であったりするのですが(汗。

 

今回のラムネ2に関しては、コンプリートボックスを買ってそらいろをプレイしてから取り掛かる予定です。そらいろのつばめルート同封という慈悲は有り難いのですが、やはりファンとしては全てクリアしてから臨みたいので。ということで、三次元的な行事が一段落してコンプリート買ってそらいろを終えるまで一旦さよならです。

 

今回はオフィシャル通販で購入しましたが、その最大の理由は何と言っても特典です。上の写真の右端に写っているコップとお皿ですね。

一般的に、オフィ特典って店舗と較べて魅力がないイメージを勝手に持っていましたが、とんでもない。こんなに実用的でファンの心を擽る特典があったことに感動の涙を流しております。

昨今のアダルトゲームは「とにかく特典をいっぱいつけていっぱい売ろう」とする風潮がある為、何本も購入していると流石に抱きまくらやらタペストリーやらが飽和してきます。置き場がなくなってくる訳です。

今回のような特典はスペース的にも助かるし、このような作中のネタを活用したグッズはファンとして心擽られずにはいられないのですよ。

当初は強化プラの話もありましたが、結局陶器製のお皿とコップになっています。またお皿ですが、当初はカラフルなイメージであったのが一変、見ての通り一色に統一されていますね。複数色は予算的に厳しかったらしく、謝罪文が添えてありました。

まぁこんな変更点もあった訳ですが、私個人としては十分に満足しております。とも氏が仰るように、確かにちゃんとした代物でした。日常的に使う食器とも遜色ないので、普通に何処のご家庭でも使えそうです。

所謂「痛グッズ」ではないので、周りの目も気にせず使う事が出来るのも一つの特徴でしょうね。それでいて「分かる人には分かる」というのがまた良いです。

しかし、こんな素晴らしいが故に破損が怖いですね。棚に飾っておくべきか、やはり実際に使うべきなのか。どちちらも一長一短だと私的には思いますが、これが単数買いゲーマーの辛いところですかね。

 

話は代わってパッケージですが、公式のトップ絵を使うのかと思いきや、まさかのコラージュ感溢れるパッケージでした。考えてみればサイズ的にキツそうですね...。マイシスターがめっちゃ小さくなってるのが何か微笑ましい。