ちくわの穴

ちくわの穴に身を潜めながら特別語る相手もいない趣味についてやりたい放題したいブログ

『雫』 新城沙織

 以前購入した「痕」のリメイク版パッケージに、「雫」のリメイク版も同封されていたらしいです。この手のパターンって、リメイク版と初代(PC98版)どちらを先にやればいいのか迷いますよね。やはり時代を辿るという意味も込めながら初代からプレイするのが唯一厳格で正しい方法なのか。それとも素直にリメイク版からやるべきなのか。これはエロゲーマー達にとって永遠の命題かと思われます。ちなみに延期、また延期、更に延期した「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」のリメイク版に関しても同様に、未だ答えが出せずにいます。まぁ、今回はなんとなく素直にリメイク版をやりました。

以下ネタバレ成分もほんの少し含みます。

 さて、三大電波ゲーにカウントはされてはいないものの、「毒電波」と名高い本作。とゆーか毒電波ってなんぞや?と思ってましたが、1ルート終えてみて納得。なるほど、確かに色々と電波なゲームです。

f:id:tikuwa_s:20170209003520j:plain©AQUAPLUS

他人を好き勝手意のままに操れる、そう毒電波ならね

◆さおりん

 何故さおりんを最初に攻略したのかについては別段深い理由などなく、とりあえず適当に選択肢を選んでいたらルートに入ってたという感じです。

f:id:tikuwa_s:20170209003533j:plain©AQUAPLUS

ちょっと活発でアグレッシヴというか、自分には合わないなぁという第一印象

しかし、こんなファーストインプレッションは意図も容易く引っくり返されてしまう、そう美少女ゲームならね。逆に、発売前には私的一番だったはずのキャラが、いざプレイしてみると何か想像してたのと違う、というのはよくありますよね。これが、そのキャラ目当てで予約して新品価格で買った作品であったりすると、かなりの痛手を被ることになります。やはり、外見や声だけではなく、中身(シナリオライター)も重要ってことですね。

f:id:tikuwa_s:20170209003636j:plain©AQUAPLUS

お馴染みのシチュエーション

プレイした方なら分かるかと思いますが、かなり緊迫した雰囲気でいきなりのコレなので、拍子抜けするというか、見慣れたパターンだけれども思わず驚いてしまいますよね。その後の「長瀬くんのえっち」で悶えなかった殿方は誰一人として居なかったはず。

この辺からさおりんは次第にそのヒロインとしての風格を高めていき、初めは乗り気でなかった中の人も気がついたら自分が落とされていたという流れを辿らざる負えなかった訳です。やはりライターの技量次第でヒロインはいくらでも化けますね。

初見では気が強そうで男勝りな印象のさおりん。しかし物語が進むに連れその鍍金は剥がれていき、蓋を空けてみれば、そこに居たのは年頃の女の子。怖がりな癖を隠そうと変に虚勢を張ってるところとかがまたかわいくて…。えっちシーンも中々に濃厚で良かったです。

◆感想

 次第に狂っていく主人公。客観的に見て、やはり「狂っている」という表現が正しいのですが、それでも何処か共感出来てしまえる部分もあります。そんな狂気の扉を開きかけていた主人公ですが、大切な人が出来たことによって彼も変わっていきます。同じことの繰り返しで退屈で、時には狂ってしまいたくなるような「日常」。この一見の騒動で、そんな「日常」もかけがえのないものであったことを実感します。あぁ、世界は美しい。と、概ねこんな話でした。先程書いた通り、この狂った主人公には変に共感できる所もあって、なかなか楽しめました。物語としては短いですが、その分書きたいことが凝縮されてあったように感じましたね。夜の学園の臨場感も中々で、大いに没頭してプレイすることができました。満足です。